家

収益物件の買取業者を厳選しよう~投資の味方~

賃貸経営の新しいスタイル

男性

ノウハウがなくても大丈夫

賃貸住宅の経営において最も重要なことといえば、これは言うまでもなく実際に物件を所有していることです。ただ、せっかくアパートやマンションを建てても経営戦略がまずければ空き室を常時抱えることになり、収益が安定しません。といって、誰もが賃貸経営のノウハウに精通しているわけではありません。そこで出てくるのが、いっそ運営のみをエキスパートに任せてしまおうという発想です。こうした賃貸経営の手法を一括借り上げといいます。一括借り上げとは不動産管理会社がオーナーから住戸を借り、それを実際の入居者に転貸するという運営スタイルをいいます。つまり不動産は持っているが経営ノウハウがないオーナーと、運営能力はあるが物件を所有していない管理会社が互いの持てるものを提供し合うことで、賃貸経営を成功に導くというわけです。

プロに一任で安定経営

一括借り上げは通常、建物の設計段階から共同作業が始まります。管理会社は入居者が魅力的と感じるような間取りや設備等に関して助言し、住戸を建設します。竣工後は入居者の募集や審査、契約、家賃の収納、物件管理といった日常業務は原則としてすべて代行します。さらにほとんどの場合、管理会社はオーナーに対して家賃保証を行います。これは住戸が常に満室であると仮定して、一定額の家賃の支払いを保証するというものです。つまり実際には空き室が発生していたとしてもオーナーはそれとは無関係に安定した収益を上げられることになります。近年は老後の生活設計の一環としてサラリーマン等が賃貸経営に乗り出す機会が増えています。そんな兼業オーナーの増加に伴い、一括借り上げシステムは今後いっそう普及が進むものと考えられます。