家

収益物件の買取業者を厳選しよう~投資の味方~

面倒いらずの賃貸経営

握手

転貸によりリスク軽減

賃貸住宅の経営者にとっては、所有する物件が常に稼働中であることが最も望ましい状態であることは言うまでもありません。空き室期間中は家賃収入が得られませんし、入居者募集のための広告費なども必要となります。もちろん入居者があればあったで家賃の滞納はないか、設備の故障はないかなど気をつけなければならない点はたくさんあります。そんな中、こうしたオーナーの心配や負担をいずれも軽減できる運営システムが注目を浴びるようになってきています。それがサブリースです。サブリースとは不動産管理会社がオーナーから物件を借り上げ、それを実際の入居者に転貸することをいいます。つまり入居者の管理はオーナーでなく会社側が行うことになるわけです。

家賃保証システム

サブリースは、特に兼業オーナーを中心に高い人気があります。その理由は、入退去に関する諸手続きや日常的な物件の管理、家賃の収納といった業務をすべて管理会社が代行してくれるかたちになるからです。修繕工事なども基本的には管理会社が手配し、オーナーは代金を負担するだけでよくなります。また、家賃の滞納の心配がなくなるという点も人気の1つです。というのもサブリースの場合は入居者が支払う家賃は管理会社と入居者との間の転貸契約に基づいて行われるので、滞納の有無は管理会社からオーナーに対して行われる賃借料の支払いとは直接関係がなくなるからです。つまり事実上の家賃保証が受けられるというわけです。サブリースはアパートやマンション等の建物単位で一括して適用するのが一般的ですが、管理会社によってはマンションの一室のみの契約も可能というケースがあります。